TVや新聞でも話題のプラズマローゲンとは?

テレビや雑誌、新聞などのメディアで取り上げられ、大きな反響を生んでいるプラズマローゲン。

認知症の改善・緩和に力を発揮する画期的な成分として高い注目を集めています。

「プラズマローゲンって聞いたことあるけど、実際どんな成分なのか、働きとかよく分からないや」なんて方も多いのではないでしょうか。

ここでは、プラズマローゲンってどんな成分なのか、どんな働きをしてくれるのかどこよりも分かりやすく解説してきたいと思います! 

加齢とともに記憶力が低下する理由

若い頃は神経細胞が活発に生産されているため、自分の使いやすい神経細胞を組み合わせて、記憶を行います。

それだけ神経細胞の組み合わせはバリエーションに富んでいて、記憶を簡単にし、記憶力そのものを高めていると考えられています。

一方で中年層以上になると神経細胞の数が減少。

組み合わせのバリエーションが少なくなり、使い残した組み合わせを使うようになります。

それが記憶力を低下させる要因になっているのです。

ストレス・睡眠不足・運動不足なども脳を疲労させて神経細胞減少を加速させる原因になります。

加齢とともに目立ち始める物忘れの原因

・冷蔵庫まで来たのに、冷蔵庫を開けた瞬間何が欲しかったのか思い出すまでに時間がかかる

・前日の夜何を食べたか思い出せない

・同時並行できる仕事量が減少し、それを指摘される

・喉まで出かかっているのに固有名詞が出てこない

こんなお悩みがあるならば、記憶力の低下とは別の「物忘れ」が該当します。

記憶したものを取り出すための集中力が低下(前頭葉の働き低下)することで、若い頃に比べると埋まった情報を引き出すまでの時間がかかっている状態です。

歳を重ねるほどに人生経験が豊富になり、日常の行動や動作が単調になることで新しい何かを始める刺激・楽しさ・新鮮さを感じられないことも多いのではないでしょうか。

こうした生活では創造性もなければ、意欲も沸いて来ず前頭葉を甘やかす状態に。

こうして次第に前頭葉が衰えることで意識の集中力が落ち、記憶の回路にアクセスしにくくなります。

思い出すということが思い通りに行かなくなるんです。 

物忘れをしない脳にするためにも、何歳になっても意欲的に新しいことにチャレンジする、自分の興味のあることを深めるなど脳にとってワクワク・意外なことを作り出していくことが大切です。

記憶力アップ・物忘れの改善にプラズマローゲンを役立ててみよう

たとえば「プラズマローゲンEX」では、加齢に伴い低下する認知機能の一部である、言葉、位置情報、状況などの情報の記憶力を維持する機能が認められています。

プラズマローゲンには加齢による脳細胞の炎症や酸化を抑える働きがあり、脳疲労を改善し、記憶力改善・物忘れ改善・認知症の予防に役立つことが分かってきているんです。

本サイトでは数あるプラズマローゲンサプリの中でも人気と信頼性にすぐれた10商品を厳選紹介しています。

・物忘れを何とかしたい

・若い頃の記憶力を取り戻したい

・認知症予防も考えて行きたい

・認知症緩和を目指したい

そんな方にこそ参考にしてもらえたらうれしいです。

プラズマローゲンとは

プラズマローゲンとは脂質の中のリン脂質で抗酸化作用を持つ成分です。

プラズマローゲンは人体のあらゆる組織に存在し、とくに脳の神経細胞・心筋・リンパ球などに多く含まれています。

細胞劣化に繋がる現象・加齢現象として、細胞を錆びさせてしまう「酸化」が有名ですよね。

プラズマローゲンには高い抗酸化作用があるため、ストレスや加齢による脳細胞の酸化を防ぎ、脳を守る働きにすぐれていると言われています。

実際に九州大学医学研究院( 片渕俊彦准教授) とレオロジー機能食品研究所における動物実験( アルツハイマー病モデルマウス) において、プラズマローゲンの認知機能に関わる働きが確認されています。

1:海馬の神経細胞を新生する

2:βアミロイド(認知症の原因となる物質発生)による認知学習障害を改善する

3;神経炎症・βアミロイドの蓄積を防ぐ

認知症患者の体内ではプラズマローゲンの量が少ない?!

20世紀末にアメリカで、アルツハイマー病患者の解剖された脳でプラズマローゲンが減少していることが分かりました。

その後2007年にはアルツハイマー病の人間の血中から、プラズマローゲンが検出され、減少しているという論文が発表されました。

こうした研究報告を始め、現在では血中のプラズマローゲン量を測ることで認知症リスクを測定する技術も登場。

認知症・物忘れ・記憶力の低下とプラズマローゲンには深い関わりがあることが続々と明らかになってきているのです。

プラズマローゲンを補うことで認知症の改善が目指せるってホント?

プラズマローゲンの摂取により認知症・物忘れ・記憶力の低下の回復や改善が図れるといったデータも多数示されています。たとえば、次のデータは「プラズマローゲンEX」の機能性に関するデータです。

うつ病や睡眠障害にも力を発揮するプラズマローゲン

うつ病の発症には、ストレスや酸化による脳疲労が関わっていることが分かっています。

プラズマローゲンの摂取で良質な睡眠が得られるようになったという口コミが多いのは、脳疲労が緩和されている証拠だと言えるでしょう。

「夜中に何度も目が覚めてしまう」という方の場合、アミロイドβたんぱく質が多く生成される可能性があり、認知症リスクを高める可能性が示唆されています。

プラズマローゲンにはアミロイドβを分解して蓄積を抑える効果があるため、記憶力回復のみならず、将来に備えた認知症予防に繋げるおとができます。

このようにプラズマローゲンには脳疲労にアプローチする過程で、記憶力の機能回復・認知症緩和・予防・うつ病対策・睡眠の質向上など、さまざまな働きを発揮する成分として注目を集める成分なのです。