歳を重ねると、なぜ記憶力が低下するのか?

若い頃はすんなりモノを覚えてられたし、途中で固有名詞が思い出せなくなって会話が滞るなんてことはなかったのに…。

40、50代を境に、物忘れの多さ、記憶力の低下が心配になる方が多いようです。加齢と記憶力には一体どんな関係があるのか、詳しく解説します。 

加齢とともに記憶力が低下する理由

若い頃は神経細胞が活発に生産されているため、自分の使いやすい神経細胞を組み合わせて、記憶を行います。

それだけ神経細胞の組み合わせはバリエーションに富んでいて、記憶を簡単にし、記憶力そのものを高めていると考えられています。

一方で中年層以上になると神経細胞の数が減少。

組み合わせのバリエーションが少なくなり、使い残した組み合わせを使うようになります。

それが記憶力を低下させる要因になっているのです。

ストレス・睡眠不足・運動不足なども脳を疲労させて神経細胞減少を加速させる原因になります。

加齢とともに目立ち始める物忘れの原因

・冷蔵庫まで来たのに、冷蔵庫を開けた瞬間何が欲しかったのか思い出すまでに時間がかかる

・前日の夜何を食べたか思い出せない

・同時並行できる仕事量が減少し、それを指摘される

・喉まで出かかっているのに固有名詞が出てこない

こんなお悩みがあるならば、記憶力の低下とは別の「物忘れ」が該当します。

記憶したものを取り出すための集中力が低下(前頭葉の働き低下)することで、若い頃に比べると埋まった情報を引き出すまでの時間がかかっている状態です。

歳を重ねるほどに人生経験が豊富になり、日常の行動や動作が単調になることで新しい何かを始める刺激・楽しさ・新鮮さを感じられないことも多いのではないでしょうか。

こうした生活では創造性もなければ、意欲も沸いて来ず前頭葉を甘やかす状態に。

こうして次第に前頭葉が衰えることで意識の集中力が落ち、記憶の回路にアクセスしにくくなります。

思い出すということが思い通りに行かなくなるんです。 

物忘れをしない脳にするためにも、何歳になっても意欲的に新しいことにチャレンジする、自分の興味のあることを深めるなど脳にとってワクワク・意外なことを作り出していくことが大切です。

記憶力アップ・物忘れの改善にプラズマローゲンを役立ててみよう

たとえば「プラズマローゲンEX」では、加齢に伴い低下する認知機能の一部である、言葉、位置情報、状況などの情報の記憶力を維持する機能が認められています。

プラズマローゲンには加齢による脳細胞の炎症や酸化を抑える働きがあり、脳疲労を改善し、記憶力改善・物忘れ改善・認知症の予防に役立つことが分かってきているんです。

本サイトでは数あるプラズマローゲンサプリの中でも人気と信頼性にすぐれた10商品を厳選紹介しています。

・物忘れを何とかしたい

・若い頃の記憶力を取り戻したい

・認知症予防も考えて行きたい

・認知症緩和を目指したい

そんな方にこそ参考にしてもらえたらうれしいです。